人気ブログランキング | 話題のタグを見る

西穂高岳・・・(4173)


穂高連峰には、西穂高岳、前穂高岳、ジャンダルム、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳など
3千メートル級の山々が鎮座している。中でも西穂高岳(標高:2909mと僅かに
3千メートルに満たない山ですが、上さんと一緒に登ることにしました。



☆彡異邦人は殆どの山は登っていますが、上さんとの山行は2度以上登っている山です。
是非上さんにも山の景色や感動を味わって貰いたいとの理由からです。



新穂高温泉へ車を置き、新穂高ロープウェイで一気に展望台の2156mの西穂高登山口からスタートで、
樹林帯を歩き約90分で西穂山荘に着きます。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07323688.jpg






一日目は、西穂山荘でのんびりとコーヒを沸かし飲んだり、
明日のスケジュールを確認などして一泊します。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07331225.jpg






翌朝6時に出発。東邦大学医学部の西穂高診療所前を通り登って行きます。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07333371.jpg






森林限界となるところには、沢山の花が咲き乱れお花畑が広がっています。
ここから山頂までは約4時間30分の行程です。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07340317.jpg






ガスの中左を向くと大きな人影に日輪となって出現しました。ブロッケン現象です。
これは幸先良い登山です。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07342882.jpg





西穂高の山稜が現れてきました。独標やピラミッドピークが見えます。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_09323566.jpg






雲の上に出て稜線上はすっきり青空です。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07345008.jpg





独標(標高:2701m)ここから山頂はだんだん険しくなってくる。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07351499.jpg






さらに高度を上げてみると西穂のピークが姿を現した。前穂や奥穂も見えてきた。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_08384993.jpg





ピラミッドピークに辿り着く。西穂山頂まではもう直ぐです。風が心地よいです。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_08335091.jpg





☆彡異邦人は上さんのザックを背負い慎重に鎖場を通り抜けます。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07363468.jpg






この景色、この空気、聞こえる風の音までも素晴らしいです。雲が湧いています。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07365350.jpg






西穂高岳(標高:2909m)山頂到達。バンザーイ。雲海の向こうには笠ケ岳(標高:2898m)が
雲の上に頭を出しています。予定通り約4時間半の行程でした。
山頂でこの景色を眺めながらランチをして下山です。山頂での珈琲も格別でした。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07371666.jpg






この景色を見ながらの下山です。この上ない楽しい夫婦の山行でした。

西穂高岳・・・(4173)_e0349324_07374598.jpg


☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
今日の一曲 / 二人の山


by akr24mtat | 2019-09-18 08:59 | 山行 | Trackback
<< 奥穂高岳・・・(4174) 立山連峰縦走・・・(4172) >>